キャンベルタウンとボトラーズ


今年は外呑みを自重していたので、先月に続き2度目のいつものバー。
いつも飲み会の後で寄るので、今月はこのお店だけ目当てで再訪。
仕事後、お店が開くまでの時間つぶしが悩ましい。

一杯目は、いつものマティーニ。
続いて、
Glen Scotia
SPRINGBANK
CADENHEAD’s
Askaing
の計五杯で後ろ髪をひかれつつ帰宅。
奮発しちゃった(てへり)

うしさんは、今日も美味い。好きだなー。
スプリングバンクも好きだなー。
と浸ってたけど、どちらも同じキャンベルタウンの蒸留所だった!
そうかー。残りのグレンガイルのも呑んでみたいなーと思ったら、キルケランの所じゃないですか。
すごく美味しかったんだよなー。
キャンベルタウンが大好きになりました。
キャンベルタウンといえば、竹鶴さんがいた所でもあって。
ニッカ好きとしても感慨深いです。

Askaigは前回気に入ってリピ。良い。すごく美味しくて好み。
これはラフロイグなんだそう。カリラ版もあるそうで、違いを教えてもらった。
先で買っちゃう?とリサーチするも、肝心の違いが分かる後ろラベルが見られなくて役に立たず。
店頭で見るしかないのか…
ケイデンヘッドのはコニャック。ここはウィスキーのボトラーなのね。
スコッチと言われると納得しちゃいそうな風味。こんなのもあるのかと目から鱗で、美味しかった。

今回も良い一期一会でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です