Finlaggan Original Peaty

寒くなると、ピーティーなのが恋しくなりますね。
最近呑む量が少なくなったので、普段呑みのウィスキーを少しランクアップしようかと。
2000円台の美味しいアイラを探索中。
この価格帯だと限られちゃいますが。

今回はフィンラガンのオリジナルピーティー。
謎のお酒ということになっているけど、中身はカリラらしい。
まだ私は飲んでそうと分からないのが悔しい。

アイラらしい風味だけど、ピーティーさは割と落ち着いた穏やかなかんじ。
ピーティー感が増すとテンションあがっちゃうので、静かな夜を過ごしたい時には良いな。

オフィシャルもまだ全然勉強不足だけど、ボトラーズも面白いなと興味が出てきた今日この頃です。
いっぱい色々呑みたいなー。

キャンベルタウンとボトラーズ


今年は外呑みを自重していたので、先月に続き2度目のいつものバー。
いつも飲み会の後で寄るので、今月はこのお店だけ目当てで再訪。
仕事後、お店が開くまでの時間つぶしが悩ましい。

一杯目は、いつものマティーニ。
続いて、
Glen Scotia
SPRINGBANK
CADENHEAD’s
Askaing
の計五杯で後ろ髪をひかれつつ帰宅。
奮発しちゃった(てへり)

うしさんは、今日も美味い。好きだなー。
スプリングバンクも好きだなー。
と浸ってたけど、どちらも同じキャンベルタウンの蒸留所だった!
そうかー。残りのグレンガイルのも呑んでみたいなーと思ったら、キルケランの所じゃないですか。
すごく美味しかったんだよなー。
キャンベルタウンが大好きになりました。
キャンベルタウンといえば、竹鶴さんがいた所でもあって。
ニッカ好きとしても感慨深いです。

Askaigは前回気に入ってリピ。良い。すごく美味しくて好み。
これはラフロイグなんだそう。カリラ版もあるそうで、違いを教えてもらった。
先で買っちゃう?とリサーチするも、肝心の違いが分かる後ろラベルが見られなくて役に立たず。
店頭で見るしかないのか…
ケイデンヘッドのはコニャック。ここはウィスキーのボトラーなのね。
スコッチと言われると納得しちゃいそうな風味。こんなのもあるのかと目から鱗で、美味しかった。

今回も良い一期一会でした。