勝川大弘法

ml0026

春日井市の勝川駅前側の商店街の路地にある勝光山崇彦寺境内に立つ弘法様。
かなり巨大。
あまり見ない四等身で錫杖の先以外は一色塗りのシックな佇まい。
弘法様が建立し、その足元に数年前勝光山崇彦寺が建てられており、参道のような商店街側ということもありその一画はとても親しみ安い佇まい。
好きな雰囲気だった。
台座の内部に裏から入れるようになっており、中にはいつもなかんじの弘法様の坐像が納められていた。
暗くて写真が撮れず。残念。
側にはお馴染み不動明王&二童子像。
足元に供えられたピカチュウが不思議とその場に馴染んでた。

ml0026b

小野道風像

ml0024

春日井の道風公園に立つ小野道風像。
道風さんは、書の達人。
以前何度かローカルニュースで、道風誕生伝説の春日井で学生達が書道をがんばってる的な話題を見たことがあって、
ああこのひとか!
とパズルのピースがぱちりとはまった。

祥雲ではなく”雲岳”作です。
おだやかでりりしい。

春日井駅前弘法

ml0023
春日井駅前から歩いてすぐのところにある弘法様。
昭和7年に完成されたそう。
大きいけれど巨大というほどじゃなく、さらりと立ってらっしゃる。
10時過ぎに立ち寄ったけれど、ひっきりに地元のお年寄りやお店のエプロン姿の人まで何人もお参りしてた。
私も隙を見てそっとお参り。
浅野祥雲さんの弘法様はどれも地元の人に愛されていて、そんな様子を見るのが好き。